グローバリゼーションとはどういう意味?

近年、「グローバリゼーション」という言葉を耳にすることが多くなりましたが、どういう意味なのかを知っている方は少ないかと思います。そこで今回は、グローバリゼーションとは何か、その定義をご紹介します。

注目を集めるグローバリゼーションとは?

注目を集めるグローバリゼーションとは?

グローバリゼーションとは、経済や文化などが国家や地域を超えて、地球規模で拡大している現象を指します。

1970年代にはグローバリゼーションは既に存在していましたが、現代のグローバリゼーションが加速したのは、第二次世界大戦後の冷戦以降といわれています。

このグローバリゼーションの要素を大きく分けると、「情報」「人」「モノ」「金」の4つです。「情報」は大量の情報がより簡単に早く移動するようになったことを示し、インターネットの普及により爆発的に加速していきました。

「人」は旅行・留学・移民などにより人の移動が増えて、「モノ」も貿易の発達により飛躍的に増えていったのです。「金」は、売買で動く金銭だけではなく投資や株式などの購入も含まれており、これも以前に比べ飛躍的に増加しています。

グローバリゼーションの企業導入事例

グローバリゼーションの企業導入事例

グローバリゼーションの影響を受けて、グローバル企業として活躍している日本企業は、数多くあります。

トヨタ自動車株式会社

トヨタ自動車株式会社では、どこで作っても同じ品質になることを目指し、「Made by TOYOTA」の実現に向けて進んでいます。グローバル基準で品質を確保できるよう、生産拠点の現地化や自立化にも力を注いでいます。

塩野義製薬株式会社

塩野義製薬株式会社は、「常に人々の健康を守るために必要な薬を提供する」という理念に基づき、医薬品を製造・販売しています。ヨーロッパの研究開発拠点では、新薬開発のスピード化と販売パートナーの選定などに取り組む他、アメリカやアジアでも様々な活動を展開しています。

P&G Japan

一般消費財メーカーである米P&Gの日本法人「P&G Japan」では、「多様性を互いに受け入れる企業文化」「多様な人材・働き方を支える社員制度」「多様な社員が活躍するためのスキルの育成」を目指しています。ダイバーシティ&インクルージョンを掲げることで、世界180カ国で製品の展開強化に成功しました。

グローバリゼーションが進み、世界の様々な人々と競い協力し合う社会が到来しています。日本企業が成長していくためには、優秀なグローバル人材を確保することが重要です。

株式会社国際遠隔教育設計では、インターネット接続をベースにしたスカイプ、ウェブ会議システムを活用し、質の高い海外講師の授業をライブでお届けしています。

このシステムを利用すれば、語学力を磨き、思想を練る機会を手軽に得ることが可能です。ご質問やご相談がありましたら、お気軽に株式会社国際遠隔教育設計までお問い合わせください。

遠隔授業をご希望なら株式会社国際遠隔教育設計へ

会社名 株式会社国際遠隔教育設計
代表者 西澤 康夫
住所 〒500-8046
岐阜県岐阜市米屋町24?1?702
TEL 058-215-0674
FAX 058-216-0818
E-mail info@kokusai-enkaku-kyoiku.co.jp
URL https://www.kokusai-enkaku-kyoiku.co.jp/
営業時間 午前10時~午後5時
定休日 土、日及び祝日
設立 平成28年8月19日
資本金 200万円
業務内容 ・団体を対象とした出前授業(=国際遠隔教育)の実施
・一般受講生のための国際遠隔授業(=セミナー)
・英語力養成のための授業